TOP > TAPSOLとは

TAPSOLとは

工事写真業務の工数を削減し、品質を向上させる

TAPSOLは工事写真の撮影から整理、台帳作成・出力までを一気通貫で実現するソリューションです

TAPSOLは、工事写真の撮影から整理、台帳作成・出力までを一気通貫で実現するソリューションです。

電子小黒板に表示する文字や撮影箇所の設定など、手間のかかる事前準備は、オリンパスメモリーワークスが代行。事前設定によってお客さまが黒板に記入することなく撮影が行え、撮り忘れの心配がなくなります。

撮影した写真は自動整理され、簡単操作で台帳を自動作成することが可能。
データはクラウド上で管理され、インターネットに接続する環境があれば、いつでもどこでも情報を確認でき、活用シーンが広がります。

特長・機能
特長・機能

TAPSOLの仕組みと流れ

お客さまとの打ち合わせによって、電子小黒板に表示する文字や撮影箇所などを決定し、
弊社が作業を行います。
設定が終われば、お客さまに行っていただくことは現場で「撮影」するだけです。
撮影した写真はクラウドにアップロードされ、工種、工程、撮影日などで自動整理されます。
パソコンで条件を設定すれば、簡単に台帳を作成することができます。

お客さまとの打ち合わせによって、電子小黒板に表示する文字や撮影箇所などを決定し、弊社が作業を行います。
設定が終われば、お客さまに行っていただくことは現場で「撮影」するだけです。
撮影した写真はクラウドにアップロードされ、工種、工程、撮影日などで自動整理されます。
パソコンで条件を設定すれば、簡単に台帳を作成することができます。

仕組みと流れ 仕組みと流れ

大切なデータはクラウド管理で安心

図面や写真をクラウド上で一括管理

オリンパスが長年、写真管理サービスで培ったノウハウにより、安心安全管理を実現。

これまで複数人が管理していた図面や写真をクラウド上で一括管理することにより、混乱や紛失を最小限に抑え、安全な情報管理が可能です。