TOP > お客さま事例 > 株式会社安藤建設 様

お客さま事例

株式会社安藤建設 様株式会社安藤建設 様

”撮影したポイントを
見ただけでわかるところがいいですね。”

インタビュー動画全文

株式会社安藤建設 代表取締役
安藤 竜一氏

───工事写真撮影の重要性について教えてください。

施主様に施工が適切に行われていたかを説明する重要な資料だと思います。 また、自社の物件の品質の高さを保証するものだと思います。

───工事写真で大変な点や苦労されている点は?

建設現場では記録用、品質用など多くの写真を撮影するので、撮影もれのリスクや写真の整理、保管などが課題だと思います。 そのほかにも、撮影した写真は最終的に工事写真台帳にまとめるもので、そこで費やす作業時間の削減についても課題ではないかと思います。

───どのような形で「TAPSOL」の検証にご協力されていらっしゃいますか?

実際に現場作業の流れを説明させていただいたり、作業のポイントなどをお伝えさせていただきました。 また、検証のための現場の提供をさせていただきました。

───「TAPSOL」についてどう評価されますか?

撮影したポイントを見ただけでわかるところがいいですね。 現場によっては事前にコストや時間的な余裕がある場合には撮影の事前準備を行っているのですが、オリンパスメモリーワークス社のTAPSOLアシストサービスがあればその部分に費やす労力を削減して、本業に専念することができそうです。

電子小黒板での撮影になることで荷物が減って現場での移動もスムーズになりますし、黒板への記入も必要なくなるので、作業時間の削減ができると思います。

また、撮影した写真についても必要な写真をすぐに見つけることができ、便利になりそうです。 そのなかでも一番楽になりそうなのが、工事写真台帳を作る作業だと思います。 これまでは撮影した写真を一枚ずつレイアウトして文字情報を入力して仕上げていましたが、TAPSOLは必要な写真を簡単に抽出して文字情報など自動的に反映されるので、大幅な作業時間の短縮が可能だと思います。

───「TAPSOL」へ期待する点は?

今後、TAPSOLが建設業界において主力商品になること、また、他の商品と連携してさらなる効率化を期待します。

  • 電子小黒板のサイズや位置は自由に変更可能

    電子小黒板のサイズや位置は自由に変更可能

  • TAPSOLブックで撮影指示や撮影済み写真を確認

    TAPSOLブックで撮影指示や撮影済み写真を確認

※掲載している内容、所属や役職は取材を実施した2017年3月現在のものです。

お客さまプロフィール

株式会社安藤建設
名   称
株式会社安藤建設
Webサイト
安藤建設のモットーは「技術にまさる営業は無し。」
これは創業者である安藤武男の言葉ですがこの言葉を大切に目先の利益ばかりではなく、本当に大切なものを培っていきたいと考えております。