TOP > お客さま事例 > 八光建設株式会社 様

お客さま事例

八光建設株式会社 様八光建設株式会社 様

”工事写真台帳を作る時間を
大幅に減らすことができると思います。”

インタビュー動画全文

八光建設株式会社 現場代理人
能登 俊行氏

───工事写真撮影の重要性について教えてください。

物件が安心で確実に設計図どおりに作れているという証拠であって、建設会社にとってみれば、自社の信頼性を高めるための重要な要素の一つになると思います。

───工事写真撮影の課題は何ですか?

膨大な枚数の工事写真を撮影しますので管理コストの増大や、撮影漏れのリスク、撮影の品質の均一化などが課題だと思っています。

───今回どのようにご協力されたのですか?

企画段階では現場の作業や課題の抽出、試作の段階では仕様フィードバックやアドバイスをさせていただきました。 最終検証では検証現場を提供させいただいたり、実際にTAPSOLを使ってみて検証作業という形で協力させたいただきました。

───「TAPSOL」を使ってみての印象は?

タブレットひとつで撮影ができるので簡単で、非常に便利ですね。 画面で確認しながら作業ができるので非常にわかりやすいです。

───「TAPSOL」で効果が期待できそうな点は?

荷物が減るので作業の手間を削減と撮影にかかる時間の削減ができると思います。
複数名で撮影していたような場面がありますので、一人で撮影が可能になりそうです。 物件の規模にもよりますが、写真を何百枚か何万枚か撮影するようになり、必要な写真をすぐに見つけることができるのでその整理にかかる時間についても短縮できると思っています。
工事写真台帳を作る際は、これまで写真を一枚一枚レイアウトして撮影情報を入力していたんですが、必要な写真を選ぶだけで必要最低限の情報が自動的に入力されるようになり、工事写真台帳を作る時間は非常に減らすことができると思っております。

より利便性が高まることと、あと、工程表などと連動ができるようになるといいと思います。 建設会社は各社ごとに使っている用語は違いますので、それらにも順次対応していっていただけるとありがたいですね。

  • タブレットで図面データを表示できるので、図面の持ち歩きが不要

    タブレットで図面データを表示できるので、図面の持ち歩きが不要

  • 荷物が減るので移動や手間を軽減

    荷物が減るので移動や手間を軽減

※掲載している内容、所属や役職は取材を実施した2017年1月現在のものです。

お客さまプロフィール

八光建設株式会社
名   称
八光建設株式会社
Webサイト
自然と共生する豊かな都市づくりにをテーマに、郷土の発展と進行に貢献していくことが私たちの使命です。