TOP > お客さま事例 > 馬淵建設株式会社 様

お客さま事例

馬淵建設株式会社 様馬淵建設株式会社 様

”情報共有もスマートに行え、
「働き方改革」にはうってつけだと思います。”

インタビュー動画全文

馬淵建設株式会社 建築本部 建築工事部
町田 大樹氏

───建設業界において課題となっていることはどのようなことでしょうか?

働き方改革を進める中で、いかに現場での作業を効率化し残業時間などを減らしていくかが課題になっています。
また今後、作業員の高齢化が進んでいく中で、いかに若い人材を確保して技術を継承していけるかも重要な課題だと思います。
弊社は、百年を超える歴史の中で常に堅実経営を心掛け、おかげさまで「信頼と技術の馬淵建設」とのご評価をいただいております。作業環境が厳しい中でも、作業員がいかに安全に効率よく作業できるかということがということが課題だと考えています。

───「TAPSOL」の魅力はどのようなところですか?

事前設定のアシストで、かなり現場での撮影が楽になったのと、特に事後の作業が圧倒的に短縮されるのが楽でした。 だから安全面や品質向上などの重要なところに自分の時間を使えるというのも魅力のひとつだと思います。

───「TAPSOLアシスト」を使用してみての感想は如何ですか?

自分で設定することもできるのですが、忙しいので、TAPSOLアシストにお任せできる、というのも魅力ですね。 事前に打ち合わせして、あとはオリンパスさんのほうで設定しておいてもらえる。 医療機器、カメラメーカーさんのグループ会社というのもあって安心してお任せできました。

───クラウドを活用することで良かった点はありますか?

撮ってすぐにクラウドに写真が保管できるので、品質部門から、「工事の進捗具合が写真で把握できていいね」と言われたことがありました。
情報を共有することもスマートに行えるので助かります。

───「TAPSOLブック」を使ってみての感想はいかがですか?

台帳作成機能は現場監督なら誰でも欲しがる機能だと思います。 これは皆さん体験してみて欲しいですね。 撮影してきて疲れているので事務所に戻ってからのパソコン作業、これが結構メンタル的にも体力的にもメンドクサイ部分がありました。 TAPSOLブックだと、撮影すれば台帳が仕上がっていくので、確認と修正作業だけ考えれば良い、メンドクサイけどやらなければいけなかったことが自動化されている、というのが何よりの魅力です。 現場外の作業時間がここまで楽になるとは思いませんでした。 早く帰って翌日に備えることもできますし、なにより最近話題の「働き方改革」にはうってつけだと思います。

  • TAPSOLカメラで写真撮影

    TAPSOLカメラで写真撮影

  • 撮影した写真はTAPSOLブックで確認

    撮影した写真はTAPSOLブックで確認

※掲載している内容、所属や役職は取材を実施した2018年2月現在のものです。

お客さまプロフィール

馬淵建設株式会社
名   称
馬淵建設株式会社
Webサイト
当社は、明治42年の創業以来、「世のため、人のため」をモットーとした創始者のスピリット「誠実・技術・奉仕」を受け継ぎ、事業を展開してまいりました。
それぞれの部門が専門性と独自性を高め、企業としての総合力をさらに向上させることで、今後ますます多様化するニーズにお応えすることができるものと確信しております。