TOP > お客さま事例 > 株式会社ナカノフドー建設 様

お客さま事例

株式会社ナカノフドー建設 様株式会社ナカノフドー建設 様

”台帳を作る作業が劇的に効率化された
という実感はありますね”

インタビュー動画全文

株式会社ナカノフドー建設
(左)主任:内田 和俊氏、(右)所長:原井 威彦氏

───昨今の建設業界において課題となっていることはどのようなことでしょうか?

東京オリンピックに向けて建設需要は増大しているのですが、それとは反面、以前から言われていることですが、人手不足という大きな問題が課題だと思います。業界的にも「働き方改革、待ったなし」という状況ですので、業務の効率化は、自分事として無視できない状況となってきています。(原井氏)

───工事写真の位置づけ、重要性について教えてください。

通常は証跡として、きちんと工事をしたという記録を残すためのものですが、ただ残せば良いというものではなく、ナカノフドー建設の品質の高さを証明するものとしても、とても重要なものだと考えています。(原井氏)

───「TAPSOL」を導入したことで作業の効率化が図れましたか?

事前設定から撮影、台帳作成まで、今まで苦労していた作業をTAPSOLを導入することで効率よくこなせるので、工数削減が実現できていると思います。労務管理も適正に行えると思いますし、働き方改革にもつながると思います。(内田氏)

現場から離れた場所からも各現場の進捗確認ができるので便利ですね。
それにユーザーライセンス制ではないので、対象の工事を設計会社や本社の管理部門、協力業者までが上限人数なく、リアルタイムに情報共有できるので、その点も魅力の1つだと思います。(原井氏)

───「TAPSOLアシスト」の魅力はどのようなところですか?

工事に着手する前に、施工計画書の作成、諸官庁への書類提出などやらなければいけないことが沢山あるので、事前に工事写真を撮影する箇所の設定や電子小黒板に撮影内容が反映されているのは便利ですね。その分、その他の作業に専念できるので、TAPSOLアシストには助けられています。
事前に打ち合わせをして、設定してもらったら確認をするだけで良いので、非常にラクですね。
現場の撮影で黒板を書く手間が省け、台帳作成時もメモにいちいち転記する必要もなくなるので、非常にありがたいですね。(内田氏)

事前打ち合わせのおかげで、図面の細かいミスや、確認事項に気づくことができて、そういった面でもありがたいと感じますね。(原井氏)

───「TAPSOLカメラ」を使用してみての感想は如何ですか?

事前にタブレットに撮影ピンや黒板の内容が反映されているのですが、変更があった際に、自身で撮影ピンの変更や黒板の追加など、自由度が高く、アレンジできるのも助かります。その他にも、規模の大きい現場になると数人で工事写真を撮影する為、今までばらつきがあった作業も均一化できるので安心して作業ができます。

───「TAPSOLブック」を使用してみての感想は如何ですか?

長らく違うソフトウェアを使っていましたが、その経験上、1~2週間を見込んでいた台帳作成時間が、TAPSOLブックを使うことで2~3時間で仕上がったので、とても便利で楽な機能だと思います。(内田氏)

この辺りは、実際に使ってみないとなかなかわからないところですが、台帳を作る作業が劇的に効率化されたという実感はありますね。(原井氏)

───「TAPSOL」の契約形態は如何ですか?

市販のソフトウェアのようなライセンス形態だと、後々かかるコストを考慮しないと駄目ですが、TAPSOLは物件ごとの契約なので、必要に応じて現場に導入ができて、かなりのメリットだと思います。 導入前の企業さんでも、お試しで使ってみることもできると思います。(原井氏)

  • TASPOLカメラで進捗を確認

    TAPSOLカメラで図面から撮影進捗を確認

  • TAPSOLブックで台帳作成

    TAPSOLブックで台帳作成

※掲載している内容、所属や役職は取材を実施した2019年2月現在のものです。

お客さまプロフィール

株式会社ナカノフドー建設
名   称
株式会社ナカノフドー建設
Webサイト
当社は「誠意と熱意と創意の三意を以て信頼におこたえし」、「社業の発展を通して社会に貢献する」ことを会社経営の基本理念とし、引続きコンプライアンスを徹底した経営を堅持して参ります。又、2016年度よりスタート致しました新中期経営計画(中計77)は、国内外で将来の礎となる強い競争力を構築することに主眼を置いております。今後のマーケット変化に応じて会社を変革し、ナカノフドー建設の新時代を切り拓いて参ります。